「虹橋天都国際」とは?
2007年のオープン以来「ビジネスホテル」と「複合型商業施設」の融合施設として、虹橋地区中心部の重要拠点の1つとして運営されています。

地下鉄2号線/15号線の「娄山关路駅」より徒歩3分の好立地条件であり、オープン当初より利便性よい施設として市場評価を受けています。

現在、娄山关路駅への利便性の向上を目的に大規模な地下歩道を開発/建設中。
これは虹橋地区の各大規模商業施設を地下道で結び、地区全体で更なる発展向上を促進する大規模なプロジェクトになります。
その中で、虹橋天都国際は「天山SOHO」「虹桥南丰城」「尚嘉中心(ヴィトンビル)」への重要ハブ施設との位置づけになります。

当施設東端にある宿泊施設は、24階建ての高層住宅施設になります。
「ビジネスホテル」と「一般住宅」との併用運用/運営を行っています。
ビジネスホテル「虹桥嘉廷酒店」は、オープン当初よりキッチン、洗濯設備が標準装備された長/中期滞在型として営業をしており、従来より国内外の旅行/出張者層より支持をされています。

現在に至るまで、何度かそれぞれの時代に合わせリニューアルされています。

当社「ポラリス不動産グループ」はこの宿泊施設内にある「一般住宅物件」を各オーナーよりお預かりをし「虹橋天都マンスリーマンション」として「より住宅として住みやすい環境に整え、日本人向けに付加価値を加えサービス提供を行っています」(2022年6月現在102戸)
事務所も当ビルに設けており、中国生活が慣れていないお客様でも安心で迅速に対応出来る体制を整えており、各お住まいになるお客様、各不動産仲介会社の皆さまより心温かいご支持を頂いております。

商業施設部分は、2021年1月より大規模リニューアル工事を行い、2022年新年ソフトオープンしました。
「现所 · 创邑MIX」とは、创邑(ChuangYi)グループが運営をする施設の名称になります。
创邑は、現在アートや国際交流とビジネスなどを融合させるコンセプトで上海各地の施設をリノベーションを行い展開をしています。
(近くですと中山公園東側の愚园路エリアなどにあります)

この「现所 · 创邑MIX」は当グループ大規模施設として期待をされています。
地下1階~3階が飲食・買物などの商業施設。4~5階がSOHOオフィスなどになる予定です

2021年12月20日の様子。
現在、地下1階、地上1階路面店に次々と新しいテナントが決まり、オープンに向けて準備中になります。
ケンタッキー、スターバックスなどの定番フランチャイズから、蘇州麺、牛肉麺、日系のパン屋さんなどとても豊富な街並みになる様です。
ご期待下さい。


虹橋天都と上海閉鎖管理(2022/4/01~5/31)

当物件も直接的な影響を受けました。
しかし、住人の皆さまの心温かいご協力があり「閉鎖期間中”感染者”濃厚接触者”共にゼロ」の結果で、管理を終えることが出来ました。
この場を借りて、関係者の皆さまへ心よりお礼申し上げます。

4/01:閉鎖管理開始
    当社スタッフ虹橋天都内に臨時常住。緊急対応体制開始
4/04:共同購入グルチャ開始
  (日本語専用、当社と複数の仲介会社様の共同運営)
4/04:一時帰国者対応開始
4/05:全員抗原検査開始
(5月末の開放まで、毎日各部屋への配布方式を実施)
4/11:政府支給食材物資、特別提供開始
(以降、一般住宅向け、ホテル向けに内容分かれ、計6回提供)
4/20頃:一時帰国者の対応、よりスムーズに。
4/15:共同購入の物流安定化
4/20:防犯区へ指定
(敷地内までの活動許可、不要不急以外の敷地外への移動自粛)
4/26:住人ボランティア活動開始
(共同購入品の集計や仕分けなどお手伝い頂きました)
4/28:個人購入(外卖/跑腿)での購入が少しずつ手配し易くなる
5月初旬~:敷地内の活動が徐々に活発に
(ジョギング、散歩、サッカー、ミニテニス、バトミントンなど)
5月初旬~:場所コード機械設置、試運用開始
5月中旬~:政府支給食材がより豊富に
(不要食材の相互交換など始まる)
5/31:閉鎖管理終了。
6/01以降も共同購入グルチャ継続運営中
(お水など重量物の共同購入&配達や、各通達/規定の通知や、PCR検査案内などに活用中)

豊富な食材充実のドイツ系スーパー「ALDI奥乐齐超市(アルディ)」が開店しました